ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方ですが、初めてぎっくり腰になった人は、あまりの痛みに救急車を呼んだりすることもありますが、治療に関しては、緊急性を要しません。

 

 

まずは、気持ちを落ち着かせることが一番です。ぎっくり腰になった場合、何より安静を保つことこそぎっくり腰の治し方において大事なのです。

 

 

自分が楽な姿勢で寝ているのが一番良く、痛い側を下にし、エビのように背中と腰を丸めた状態にします。

 

 

仰向けに寝る時は、ひざの下にクッションなどをおき、ひざを曲げた状態にすれば、楽です。

 

 

具体的なぎっくり腰の治し方としては、氷嚢やアイスバックなどを利用して、早めに患部を冷やします。

 

 

炎症で熱を持っているので、まず外部から冷やして熱を逃がしてやることです。ただ、直接冷やすと皮膚を傷める心配があるので、タオルやハンカチを巻くことです。

 

 

それを2〜3時間置きに1日3回程度すれば、痛みが緩和されます。

 

 

安静にしている期間は2〜3日くらいで、長くても5〜6日間もすれば楽になってきます。そして、ある程度痛みが軽くなったら、冷やすのは止め、今度は少しずつ温めて痛みを感じないくらい程度に動かします。

 

 

筋肉を暖めてこりをほぐし、筋肉に十分なエネルギーがいくようにするのです。痛みが引いてきたら、体幹を大きく動かさない体操を行います。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<