妊娠初期腰痛

妊娠初期の腰痛

妊娠初期と腰痛には、切っても切れない関係があります。妊娠すると初期で腰痛になる人がどうしても増えますが、妊娠初期で腰痛になる原因は2つあり、その1つは、ホルモンバランスの変化で腰痛になることです。

 

 

お腹が大きくなっていない妊娠初期から、腰痛に悩まされている人は、妊娠中に大量に分泌されるリラキシンが原因になります。

 

 

リラキシンは、実は関節を緩める作用があります。

 

 

その理由は、赤ちゃんが産道を通る際、締め付けてしまわないよう、骨盤周辺のじん帯や骨の関節を緩めるためです。

 

 

ゆるくなってしまった関節を支えるため、筋肉やじん帯、関節に負担がかかることとなり、妊娠初期で腰痛になるわけです。

 

 

普段からあまり運動をしない筋肉がついていない人は、特に妊娠初期で腰痛になりやすい傾向にあります。

 

 

もう1つの妊娠初期で腰痛になる原因は、姿勢と骨格の変化です。お腹が大きくなってくると、姿勢も変化し、身体の重心が前に傾いて、お腹の重みを骨盤で支えるようになります。

 

 

そうすると、自然と身体は反らし、バランスを保とうとします。その反った姿勢こそが、骨盤への負担になり、骨盤の歪みや妊娠初期における腰痛の原因となるのです。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<