腰痛の手術内容

腰痛の手術内容

腰痛の手術内容についてです。

 

 

腰痛で悩む人の多くは手術を行う人は少ないですが、症状が重い場合は治療法のひとつとして腰痛手術をするという選択肢も存在しています。

 

 

果たして腰痛の手術内容はどのようなものなのか、それについて今回は説明していきたいと思います。

 

 

まず腰痛の手術をする人はどのような症状の人かというとスポーツ選手をはじめ、仕事に支障をきたすほど症状が出ている人や、麻痺や痺れ、排尿・排便障害など日常にも深刻な影響が出ている人が腰痛手術という選択をする人が多いそうです。

 

 

本題の腰痛の手術内容ですが、幾つか方法があり最も一般的な方法と言われているのはラブ法というものです。これは背中側に5,6センチ程度切除し、頚椎に従ってヘルニアを切除するという腰痛手術内容となります。

 

 

この腰痛手術内容は全身麻酔が必要となり、一週間以上の入院が必要になってくるなど体の負担が大きいというのがデメリットになっています。

 

 

出来る限り負担を少なくすませたいという人はマイクロラブという腰痛手術内容も存在しています。

 

 

現在増えている腰痛手術内容としてはレーザー治療です。これは椎間板内から飛び出してしまっている髄核にレーザーを照射することで引っ込ませ、神経の圧迫を改善する腰痛手術内容となっています。

 

 

この腰痛手術内容は日帰りでの手術が可能で、手術時間も15〜30分程度となっており、体の負担が一番少ないと行っても過言ではないかもしれません。

 

 

ただしこの腰痛手術内容は保険適用外なため、高額な手術費用がかかってしまうことが最大のデメリットとなっています。

 

 

もう一つ代表的な方法としてPN法という腰痛手術内容もあります。これは背中に管を差し込んで髄核を取り出す腰痛手術内容です。

 

 

局部麻酔が必要ですが、これも日帰りで受けることができ、保険が適用されます。

 

 

この様な手術内容で腰痛を治す選択肢もありますので、是非かかりつけの医師と相談してみてください。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<