椎間板ヘルニアの手術内容

椎間板ヘルニアの手術内容

今や60代の3人に1人がかかっているかもしれない椎間板ヘルニアという病気に関して、あなたはどれほどの知識を持っているのでしょうか。

 

 

今回は椎間板ヘルニアの手術内容について紹介していきたいと思います。

 

 

しかしその前に椎間板ヘルニアに関して簡単な説明をしていきましょう。

 

 

人間の背骨は24個の骨で形成されていますが、その間にクッションの役割として椎間板という軟骨が存在しています。その椎間板は繊維輪と、髄核という2種類の骨でまた形成されているわけですが、これらが潰れてしまうことによって神経を圧迫し、神経痛や痺れなどが椎間板ヘルニアの症状として現れます。

 

 

本題の椎間板ヘルニアの手術内容ですが代表的なのは経皮的レーザー椎間板減圧術というものがあります。

 

 

先ほど申したように椎間板ヘルニアは椎間板の内圧が上昇して、神経を圧迫しているわけですがこの椎間板ヘルニアの手術では、神経を圧迫している部分にレーザーをあてることによって内圧を下げる椎間板ヘルニアの手術内容となります。

 

 

そうすると骨が引っ込み、神経への圧迫を軽減することが出来るそうです。

 

 

椎間板ヘルニアの手術内容はおよそ10数分程度で済みますが、残念なことに万人に有効な方法ではないので注意しなければなりません。

 

 

次に代表的な椎間板ヘルニアの手術内容にはラブ法という手術方法です。これは圧迫している部分を切除、摘出する椎間板ヘルニアの手術内容になります。

 

 

椎間板ヘルニアの手術時間は30分から1時間程度で、入院期間は1週間から3週間程度安静にしている必要があります。

 

 

他にもまだまだ椎間板ヘルニアの手術内容が存在しているそうですので、是非かかりつけの医師と相談して適切な椎間板ヘルニアの手術を行って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<