腰痛の原因

腰痛の原因

腰痛の原因は、腰のせいだけでなく、内臓疾患から腰に痛みが出ることあり、その原因は様々です。

 

 

これまでは、内臓が原因の痛み以外の腰痛は、関節や筋肉の損傷や負担が多かったのですが、最近ではそれだけでなく、心理的影響、社会的影響も腰痛の原因に関与しているという見方がされています。

 

 

中には、腰にも内臓にも異常がみられないのに、精神的ストレスが原因だけで腰痛が起こる場合もあります。

 

 

基本的に、体を酷使する肉体労働や、長時間座り続けるデスクワークなどが原因で腰痛はよく発症します。

 

 

腰に無理がかからない姿勢を取ると、腰を支える筋肉の働きもしっかりしますが、良くない姿勢を取り続けると、その結果、腰に悪い刺激が入って、腰を支える筋肉の力が弱まる傾向にあり更なる腰痛の原因にもなります。

 

 

そしてそれが毎日のように繰り返されると、椎間板の水分が減少して、それが原因で、腰痛を引起すことになりかねません。腰を酷使しなくても腰痛の原因がありますので十分注意が必要です。

 

 

腰痛になりやすい人は、腰を支えるための筋肉が、硬くなっていることが原因で腰痛になるケースが多いのです。

 

 

腰痛がまだ軽症のうちなら、腰周りの筋肉を柔らかくする簡単なストレッチや運動で、緩和させることができます。また、精神的な負担といった腰痛の原因などを抱えながら、荷物など重い物を抱える作業をすると、腰背部の筋肉にかかる負担は、増加して腰痛の原因になりうると言われています。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<