腰痛体操ストレッチ

腰痛体操ストレッチ

腰痛体操ストレッチは、様々な原因の腰痛の慢性期の治療効果があるので、腰痛発生の予防にもなります。

 

 

ただ、腰痛体操ストレッチにも注意点があります。ギックリ腰のような急激で激しい腰痛の症状がある時に腰痛体操ストレッチをすると、逆に悪化させてしまうことになるので絶対に腰痛体操ストレッチを行ってはいけません。

 

 

日常生活で長時間同じ姿勢を続けると、背中や腰の一部の筋肉が緊張して疲労し、腰に鈍い痛みが起こります。これを姿勢性腰痛と呼びます。ただ、この腰痛は、検査をしても中々異常が見つからず、症状だけがあることから、腰痛症とも言われています。

 

 

スポーツ選手を含め、青年期の腰痛の大部分が姿勢性腰痛と言われています。

 

 

姿勢性腰痛の原因は、背骨をまっすぐに支えている脊柱起立筋と腹部の筋肉の筋力バランスの崩れが指摘されています。

 

 

そのため、姿勢性腰痛には、筋肉のストレッチングや背筋、腹筋強化を目的とする腰痛体操ストレッチが効果的なのです。

 

 

変形性腰痛症は、加齢により、骨が弱くなったり変形したことで起こります。椎間板ヘルニアは、骨と骨の間の椎間板の一部がはみ出し、それが神経を圧迫することで痛みが起こります。

 

 

いずれも、急性期には、安静が必要なので、これらの場合、腰痛体操ストレッチは厳禁です。ただ、急性期の症状がなく、慢性の経過をたどる際は、腰痛体操ストレッチが有効になります。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<