腰痛防止対策

腰痛防止対策

腰痛防止対策というのは、何も特別なことはなく、日常生活の中でも、取り入れることができます。

 

 

まず、腰痛になる最大の原因は姿勢の悪さにあります。大体、腰痛持ちの人というのは、姿勢が悪いもので、腰に負担がかかる姿勢のままに、何時間も過ごしていると、それだけで腰痛がどんどん進行します。

 

 

日常生活での腰痛防止対策としては、まず、立っている時は、常に軽くアゴを引いて、背中と脚をしっかりと伸ばすことです。そして、肩は意識的に後ろに引くようにします。

 

 

そうすると自然と胸が張り、背中が伸び、良い姿勢になるので腰痛防止対策になります。

 

 

座る時は、イスは高すぎても低すぎても良くなく、少し固めのシートと背もたれがあるイスが腰痛防止対策に良いです。そして、お尻が背もたれに密着するように深く腰かけ、軽くアゴをひき、背筋を伸ばすと、腰痛の防止対策になります。イスには腰痛クッションを置くのも腰痛防止対策としていいと思います。

 

 

女性がよくする横座りは、腰に負担がかかり、机やテーブルに頬杖をついた首が突き出ている姿勢は、腰に負担がかかるので、要注意です。

 

 

重い物を持つ時は、椎間板には想像以上に大きな負担がかかるので、軽そうな荷物でも、気をつけて持ち上げることが腰痛の防止対策になります。荷物を自分の正面にして、充分に腰を落としてから、しっかり抱えて足の力で立ち上がれば、腰痛の防止対策になります。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<