骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみというのは、バカにできません。それというのも、骨盤がゆがむと、体のあちこちに不具合が生じて、体調悪化へとつながるからです。

 

 

特に女性にとってはとてもつらい症状が多く出るので、日頃から骨盤をゆがませないよう注意しなければなりません。

 

 

骨盤がゆがむことによって起こる症状に、まず、生理痛、不妊、肌荒れなどがあります。

 

 

骨盤のひとつ、仙骨の前には子宮や卵巣など、女性にとって大事な臓器がたくさんあります。

 

 

仙骨がゆがむと、子宮や卵巣に負担がかかって、ホルモンバランスが崩れ、結果、生理痛や肌荒れ、不妊などの症状を引き起こしやすくなり、妊娠にも影響を与えます。

 

 

骨盤がゆがむと、腰痛も起こりやすいです。腰椎がゆがむと、関連している背骨もゆがみ、腰痛の引き金になります。そして、便秘や下痢、冷え性なども、骨盤のゆがみから起こります。

 

 

骨盤のひとつである腸骨には腸が乗っていて、骨盤がゆがみ、腸骨が開いてゆるんだ状態になると、腸が下垂し、腸の働きが悪くなります。

 

 

そのことで、便秘や下痢などの腸内環境の悪化を招いてしまうのです。また、肥満も骨盤のゆがみが原因で、起こります。

 

 

骨盤が常に開いた状態になると、腰回りが広がるので、下半身が太って見えるのです。そして、実際に肉も付きやすくなるので、肥満になる率が高くなります。

 

 

 

 

 

>>福辻式腰痛改善DVDはこちら<<